BL系

やましい恋のはじめかた|ネタバレ感想5巻!健太郎への行為が激しくなっていく春…

『やましい恋のはじめかた』5巻ネタバレ感想

今回は小東さと先生のBL漫画やましい恋のはじめかた5巻ネタバレ込みのあらすじや感想、さらに全7巻無料で読める方法をお伝えします♪

部長
部長
年下×年上の微妙な心情を描くBLコミック、今回は小東さと先生の『やましい恋のはじめかた』5巻のネタバレ込みのあらすじや見どころ、感想をお伝えします
ウサ美
ウサ美
キュンキュンすること間違いなしの『やましい恋のはじめかた』を無料で読めるなんて…なんて贅沢!

「FODプレミアム」に会員登録するだけで初月最大1,300円分のポイント貰えます。FODでは『やましい恋のはじめかた』分冊版は1巻200ポイントなので、登録初月から最大全7巻が無料で読めます♪
さらに登録から1ヵ月は無料トライアル期間なので、1ヶ月間お金がかかりません!

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。

ネタバレを読まずに『やましい恋のはじめかた』を絵で楽しみたい方は『やましい恋のはじめかた』を無料で読める方法をご覧ください。

部長
部長
まずは『やましい恋のはじめかた』前回までのあらすじをおさらいしましょう♪

やましい恋のはじめかた|前回までのあらすじ(4巻)

落合(おちあい)のはからいで映画を見に行くことになった健太郎(けんたろう)と春(はる)。
昔のように穏やかな時間を過ごす2人でしたが…。部屋に戻ると春は健太郎を激しく求めます。

>>『やましい恋のはじめかた』4巻のもっと詳しいネタバレはコチラから

やましい恋のはじめかた|分冊版5巻のネタバレ込みのあらすじ

暑さにうなされる健太郎(けんたろう)。自分の上から聞こえる鳴き声に布団をめくります。

中を覗くと幼い春(はる)が健太郎の上で泣きじゃくっていました。

心配そうに春を抱き上げる健太郎。

どこか痛いの?、何か欲しいの?と聞いても、春は首を振るばかりです。

困っていると春が健太郎の胸を強く押します。
『けんちゃん はるのことキライでしょ』
目を真っ赤にはらしながら春が言います。なんとかなだめようと春の顔に手を伸ばす健太郎。

触れたのは大人になった春でした。春との行為で失神していた健太郎は夢を見ていたようです。

 

2人が絡み合う寝室。

すでに日が差していました。

あたりには行為の激しさを物語るように使用したティッシュが散乱しています。

春はなおも健太郎を攻め立てます。

もう何日も体を重ねている2人。すがるように枕にしがみつく健太郎はベッドの端に何かが挟まっているのを見つけます。

それは幼い健太郎と春が写った写真でした。
「待っ…はるっ…」

春の動きを制止しようと手を伸ばす健太郎。

しかし春は健太郎を仰け反らせるとより深く突き上げます。

健太郎は写真を撮ろうと手を伸ばしますが、春が先に取り上げてしまいます。返せという健太郎に不快感を示す春。

健太郎は「それ見て何も思わねーのかよ…っ!!」と絞り出すように叫びます。

写真の枠には“弟みたいな春へ”の文字が…。文字に気が付いた春は一瞬戸惑いを見せますが、すぐに冷めた目を健太郎に向けます。そして、

「俺は兄弟なんてこれっぽっちも思ってないから」

健太郎の目の前で写真を破り捨ててしまいます。

思わず春の頬を張り倒す健太郎。今まで春に抱いていた感情が爆発します。

自身との関係を問い詰めると、春は立ち上がり健太郎を残して立ち去ってしまいました。

感情に任せて破り捨てられた写真の残骸を捨てようとする健太郎ですが…。

 

大学では普段と変わらない生活を送っている健太郎。

同じ部活の大塚(おおつか)と落合は春の話題を健太郎に持ち掛けます。

写真部に入った春。イケメンということもあり、校内でたくさんの女子に囲まれて行動していました。

大塚と落合が写真部で旅行に行くらしいと噂をし始めます。居心地の悪い健太郎はその場を離れてしまいます。

帰宅途中、健太郎の携帯に着信が入ります。

相手は田舎の母親でした。

“いつ帰ってくるの?”と問われる健太郎は適当な返事を返しますが、“春くんは一緒じゃないの?”との一言に歩みを止めます。

矢継ぎ早に話を母親の声をどこか遠くで聞きながら幼い頃の春のことを思い出す健太郎。

幼い頃、健太郎の後ろばかりをついてきた春。

そんな春を健太郎は愛しく思っていました。今は微妙な関係になっていますが、春を切り捨てることができずにいます。

マンションに到着すると、エレベーターで春と乗り合わせてしまいます。気まずい雰囲気の中、連休の予定を聞く健太郎ですが…。

「そんなの 関係ないじゃん」

春の態度は冷たいものでした。

田舎に帰るのなら自分はいない方がいいだろう、という春。

春の態度に苛立ちを募らせた健太郎は、自宅につくなり春が置いて行ったものをゴミ袋に詰め始めます。

気持ちに区切りをつけようと自身に言い聞かせる健太郎。

机の端に寄せておいた破られた写真も処分しようとします。

しかし、幼いころの春がどうしても心から消えず、屈託のない笑顔が今でも鮮明に思い出されます。

春にひどく扱われても、どこかで幼馴染の関係に戻れると思っていた健太郎。

“忘れられるなら こんなに苦しくない”

自分が今でも春のことを愛しく思っていることに気が付きます。

一方、春も健太郎への思いを捨てきれずにいました。

アルバムを開きながら、物思いにふける春。

そんな時、ドアのチャイムが鳴り…。

急展開の行方は、ぜひ本編でお楽しみください!

>>『やましい恋のはじめかた』6巻のネタバレはコチラから

やましい恋のはじめかた|5巻見どころ

次第に健太郎への行為が激しくなっていく春。

受け入れていた健太郎ですが、我慢の限界が訪れます。

ここまで自分の意思を示すことが少なかった健太郎が感情をあらわにします。

春との関係にさらに亀裂が入りますが、健太郎も春もつらそうな表情を浮かべます。

ウサ美
ウサ美
いつもよりも繊細な感情の表現にご注目ください!
ニャン子
ニャン子
気になる『やましい恋のはじめかた』。…無料でこっそり読めたりできないかしら?
部長
部長
あります!『やましい恋のはじめかた』を無料で読む方法!それは特定の動画サイトに登録することです!くわしく説明しますね

『やましい恋のはじめかた』を無料で読む方法

『やましい恋のはじめかた』をお得に読めるおすすめサイトは以下の2つです。

おすすめ一覧♪
まんが王国 FODプレミアム
登録無料 登録から1ヵ月間無料(無料期間終了後は月額888円)
登録時に半額チケットが貰える 登録時に100ポイント、毎月8日、18日、28日にログインするだけでそれぞれ400ポイント貰える。
登録初月で最大1300ポイント貰える登録初月で1巻150ポイントの『やましい恋のはじめかた』を最大全7巻無料で読める

無料ではないけど面倒な手続きなしで『やましい恋のはじめかた』半額で今すぐ読めるのまんが王国です!

\今すぐまんが王国で『やましい恋のはじめかた』を半額で読む?/

▲面倒な手続きなし♪半額チケット貰える▲

 

絶対に無料で読みたい!という方は…

今すぐではないけれど少し待って『やましい恋のはじめかた』や他の漫画や動画も無料で楽しみたい方は、貰えるポイントが一番多いFODプレミアムがおすすめです♪FODでは『やましい恋のはじめかた』1巻は150ポイントで販売されていますので、登録初月で最大全7巻無料で読むことができるのです。

さらにFODプレミアムは97誌ある雑誌、週刊誌が読み放題。おまけに動画配信も放送中のものから過去作、アニメ、海外ドラマ、映画、韓流、バラエティなど配信作品数が22,000本以上

1ヶ月過ぎると月額888円になりますが、ポイントが毎月最大1300ポイント貰えるので、実質0円です♪

部長
部長
気に入らなければ無料期間中に解約すれば、お金は1円もかかりません♡

\FODプレミアムで『やましい恋のはじめかた』全7巻を無料で読む?/

▲登録初月に最大1300ポイント貰える♪▲

 

\『やましい恋のはじめかた』を全7巻無料で読む?/
「FODプレミアム」に会員登録するだけで初月最大1,300円分のポイントがプレゼントされます。
1巻150ポイントの『やましい恋のはじめかた』を登録初月から最大全7巻無料で読めます。
さらに登録から1ヵ月は無料トライアル期間なので、1ヶ月間は無料です

※本ページの情報は2019年9月時点のものです。

やましい恋のはじめかた|5巻感想

健太郎の記憶の中の春はいつも無邪気な表情を浮かべていて、健太郎でなくても守りたくなってしまいます。

健太郎の回想で、春の家の複雑な環境がうかがうことができます。

今の春が健太郎にべったりするようになったのは育った環境もあるのかな…と考えてしまいます。

部長
部長
巻末で物語が急展開を迎えそうな雰囲気ですが、はたしてどうなってしまうのか、6巻も期待です!

やましい恋のはじめかた|5巻まとめ

今回は「やましい恋のはじめかた」の5巻のネタバレや無料で読める方法についてまとめました。

いかがでしたでしょうか?

\『やましい恋のはじめかた』を無料で読めるのはFODプレミアム/

 

\今すぐまんが王国で『やましい恋のはじめかた』を半額で読む?/

▲面倒な手続きなし♪半額チケット貰える▲

部長
部長
当”漫画女子サークル”では今後も最新話や気になる漫画のネタバレを追っていきます。ただ、ブログでお伝えするには表現の限界があるので・・・
ウサ美
ウサ美
是非絵でも楽しんでくださいね!
あわせて読みたい