少年マンガ系

厄災が俺を愛してる|ネタバレ7話!晴香を乗っ取った悪魔の正体とは…

今回は裏サンデー連載の栗田あぐり先生の作品『厄災が俺を愛してる』7話のネタバレをお伝えします。

>>前回までのネタバレはコチラから

それでは裏サンデー連載の『厄災が俺を愛してる』7話のネタバレをお伝えします!

スポンサードリンク

厄災が俺を愛してる|ネタバレ7話

晴香の身体を乗っ取った悪魔は迷うことなくバイクに跨り走り出してしまった。

ヒラルスはすぐさま変身し晴香の姿をした悪魔を追いかける。

ヒラルスは自分が悪魔を引きつけ、その間にビュトスの剣で斬る作戦だと話す。

勘治は戸惑うものの、アイオーンに剣を出すよう求めた。

晴香を乗っ取ったケレリタスというスピード狂の悪魔はよっぽど晴香との相性が良いらしく、晴香の身体はバイクと一体化してしまう。

ここまで相性が良いとなると、悪魔の力は何千倍にも膨れ上がりヒラルスでさえ及ばない可能性があると語るアイオーンは、晴香のことは諦めるべきだと告げた。

このままでは晴香の身体が壊れるまでケレリタスは走り続ける…勘治はアイオーンに掴みかかり、人間には簡単には諦められないものがあると怒鳴りつけた。

アイオーンはその姿に何かハッとしたようだったが…銃声が聞こえ、ヒラルスが晴香に向けて射撃している所を目撃した勘治。

焦る勘治だったが、ヒラルスの命令で銃弾はケレリタスの進む方向の崖を撃ち崩し、足止めであったことが伝わる。

しかし、希望が見えたのもつかの間、ケレリタスはその壁を難なく乗り越えてしまうのだった。

勘治たちはケレリタスに追いつくことができるのだろうか。

厄災が俺を愛してる|ネタバレ7話後半!蓮夜と晴香の過去の事故の真相とは…今回は裏サンデー連載の栗田あぐり先生の作品『厄災が俺を愛してる』7話後半のネタバレをお伝えします。 pic.twitter.com...

厄災が俺を愛してる|7話感想

今回はページ数が少なく進展こそあまりなかったものの、悪魔の正体やアイオーンたちの人間とはまた違った考え方など、悪魔の性質がまた少し明らかになってきたお話でした。

主人公の勘治はタイトル通り厄災に愛されすぎていて、今回の悪魔も一筋縄ではいかないようです。

悪魔に追いつくまでの間にあとどれだけの厄災があるのか、勘治はこの悪魔に一体どう立ち向かうつもりなのか考えながら読めるお話なので、短いながらも内容はぎゅっと濃いものでした。

勘治はやはりアイオーンとヒラルスのことを認めていないようですが、是が非でもアイオーンたちと協力して晴香を助けなければなりません。

この騒動で晴香は助かるのか、勘治のアイオーンたちに対する認識はどう変化するのかがとても楽しみです。

私個人としてはアイオーンたちと上手く認めあっていってほしいのですが、アイオーンと入れ替わった愛理も気になるところです。

そもそも街はどうなってしまうのか、悪魔との共存は可能なのか、愛理はどうなるのかなど様々な視点からストーリーの終着点を考えながら読むことが出来るのもこの作品の醍醐味だと思います。

まずは晴香が助かって欲しいと願いながら、次回を楽しみに待ちたいと思います。

スポンサーリンク



厄災が俺を愛してる|まとめ

今回はマンガワンの裏サンデーに連載されている栗田あぐり先生の『厄災が俺を愛してる』7話のネタバレと感想をお伝えしました。

ウサ美
ウサ美
この後の話数もお送りしていきます!お楽しみに♪
部長
部長
ここまで読んでくださりありがとうございました♪
あわせて読みたい